中越物産株式会社
中越物産株式会社

ホーム

≪中越物産株式会社鹿児島化成事業所 沿革≫

 弊社鹿児島化成事業所は昭和46年に、中越パルプ工業(株)川内工場の製紙用の定着剤、および用水浄化・排水処理用の液体硫酸バンドを製造し、供給するために設立された鹿児島化成株式会社が前身となっています。
 その後、一般需要家の要請に応えて、市販量も漸次増加し、また次亜塩素酸ソーダおよびペーパースラッジ炭(PS炭)の製造販売、苛性ソーダ、ポリ塩化アルミニウム、その他水処理薬品の販売を手がけ、南九州地方では唯一の水処理薬品会社として鹿児島県をはじめ宮崎県下一円の地方公共団体や多くの企業に浄水・排水処理用薬品を販売しています。


                                                                                                                                                                    
昭和46年8月 鹿児島化成株式会社設立
昭和46年10月 硫酸バンド製造設備稼働
昭和47年8月 次亜塩素酸ソーダ製造設備稼働
昭和53年5月 ポリ塩化アルミニウム販売開始
昭和56年4月 ペーパースラッジ炭(PS炭)製造設備稼働
昭和62年1月 低食塩次亜塩素酸ソーダ製造設備稼働
平成 2年11月 苛性ソーダ貯蔵設備稼働
平成 4年7月 苛性ソーダ希釈設備稼働
平成8年7月 農業用薬品(テロンII)管理開始
平成9年3月 濃硫酸貯蔵設備稼働
平成13年9月 苛性ソーダ貯蔵設備増設
平成14年11月 ペーパースラッジ炭(PS炭)炭化設備稼働(ペレット化)
平成18年10月 中越緑産㈱と合併し、中越物産㈱鹿児島化成事業所となる
平成19年10月 中越物産㈱と九州流通㈱が合併
平成24年7月 中越物産㈱と鹿児島興産㈱が合併


≪ 取引先≫
中越パルプ工業株式会社、富山薬品工業株式会社、薩摩川内市、いちき串木野市、ユーアイ産業株式会社、株式会社アコー九州、有限会社高富物産、千代田商事株式会社、王子木材緑化株式会社、東ソー株式会社、旭化成ケミカルズ株式会社、株式会社アシッズ、東興商事株式会社、田中藍株式会社、オー・ジー株式会社、エスケー興業株式会社、YKK AP株式会社、株式会社福岡タルク工業所、日新興業株式会社、三光株式会社、パンパシフィックカッパー株式会社